Top Page

あんなぷるな道中膝栗毛

12. 美しい少女(チョムロン) <目次に戻る

 ドバンからの下りは、数日前に歩いたばかり、勝手知ったる道
なのでノンビリと下る。
今日の目的地チョムロン迄は、殆ど下りなので気が楽だ。
両側に迫る岩壁や滝等眺め乍ら、ゆっくりと下る。

 途中シノワという集落を通り過ぎ様とした時に、茶屋のオジさん
に呼び止められた。
まさか、私ではないと思っていたが、親主さんが、手紙を持って
やってきた。
見ると、ABCで一緒だったF君の置き手紙だった。 
ABCでの予約や、この手紙といい

 「洒落た事をするなぁ!」

と、皆で感心してしまった。

 シノワから回り込んで来ると、もう目の前はチョムロンである。
後は一気に下り、ヒマラヤ版上高地アンナプルナサウス、
ヒウンチュリの吊り尾根から、流れ落ちるチョムロンコーラ(川)
の吊り橋を渡り一気に登り返せば、今日の目的地チョムロンの
ゲストハウスは、目と鼻の先である。

 膝に持病を抱える山本氏は、下りはダメだが登りは滅法強い。
私と中野氏はすぐに置いて行かれる。
登りの途中チョータラがあったので、一息入れる事にした。
山本氏は随分と先を歩いている。 

 チョータラに腰掛け休んでいると、色々な声が聞こえてきた。
隣りが学校の様だ。

 放課後の様で皆、バレーボール等して遊んでいる。
我々が休んでいると、学校から一人の少女が出て来た。 
年の頃は中学2〜3年と言った所だろうか?
その少女は我々の前迄来て、チョータラの上に乗っている籠を
担ぐと、きれいな瞳で私達に、
ニコリと微笑んで、下へ下って行った。

 ネパールに来てこんな美しい少女に出会ったのは、後にも先にも
この時だけだった。
こちらの子供達は、家の手伝い等労働もしているので、余計に
健気な感じがする。 

 心洗われる思いです。

 足に持病があるくせに、健脚な山本は既に宿に到着していた。
私と中野氏がニコニコし乍らこの話をすると、地団太を踏んで
悔しがったのは、言う迄もない。


目次に戻る

Top Page






























<EOF>