Top Page

あんなぷるな道中膝栗毛

20. ミスターダルバート <目次に戻る

 トゥクチェには、マカル君の案内で午後少し早目に着いたのだが、
強風と雪なので泊まる事にする。
宿泊客は、我々だけかと思ったが、もう一月も滞在していると言う、
ウケないブラックジョークを連発するドイツ人と、喋べり出したら
止まらないスウェーデン人、夕刻には韓国人のアベックと、
結構賑やかだ。

 最後に登場したのは、アンナプルナ外周を回り、これからポカラへ
向かうと言う日本の青年だった。
彼はチベットから峠を越えて、ネパールに入ったと言う。
長旅をしているせいか、逞しいイイ顔をしていた。

 夕食の時、彼の旺盛な食欲に、唯々驚いてしまった。
前にも書いたと思うが、ネパールの定食ダル(豆)とバート
(御飯)、豆のスープと御飯それにタルカリと呼ばれるカレー風味
のおかずと漬物がつく“タルカリダルバート”を彼は注文した。
お変わり自由とは言うが、この日本の若者は、三人前をペロリと
食べてしまった。
四杯目は半分と注文したが、言葉が通じなかったのか、しっかり
一人前来てしまい、半分残してしまい文句を言われていたが、
後にも先にもダルバートを、こんなに食べた人を、見た事が無い。

 一人前と言っても凄い御飯の量なのだ。

因みに私は、いつも御飯を半分に減らして貰って、やっと食べられる
量なのだ。
我々の間で彼の名前は“Mr.ダルバート”通称“ダルちゃん”と、
すぐ決まってしまった。
その後ポカラで、彼と再会するのたが、その旺盛な食欲を確認する
には、至らなかった。


 夜トイレに起きたついでに、屋上に上がって見た。

ダウラギリの見える町_トゥクチェ

石畳の道路の先に、星をバックに岩に雪をまとったダウラギリが、
厳かに鎮座していた。
昼間の風が嘘の様、風が無いのでとても静かな夜だった。

目次に戻る

Top Page






























<EOF>