Top Page

あんなぷるな道中膝栗毛

23. ミートモモとお布施の無い拝観 <目次に戻る

 ムクチナートはトロン峠の手前、丁度ポカラから見ると、
アンナプルナ山塊の裏側に位置する。
ヒンドゥ教、チベット仏教、双方の聖地である。
回りを6000m以上の山に囲まれている為、最奥の観を呈している。
そこから流れ落ちる一滴一滴の水が、やがてカリガンダキ河を
通じて、ガンジス河へ注ぎインド洋へと流れ落ちるのだ。

 私達はエクレバッティ(一軒の茶屋と言う意味だが、現在では
3〜4軒の宿がある。)からムクチナートへ向かった。
エクレバッティよりカリガンダキ河を、真直ぐ遡上すると、
“ガグベニ”と言う古い街並みを通って、“ムスタン王国”へと
繋がる。

 ムスタンはネパールの特別自治区で、旅行者が、ムスタンに入る
には、10日700ドル、その後一日増すごとに、70ドルのパーミット
を支払わなければならない。
貧乏旅行者には、とても縁遠い所なのである。

 ずっと河原歩きが続いていたので、我々はカグベニへは行かず、
一気にムクチナートへを目差した。

 久々の登りが気持ち良い。

北斜面は雪も残っていて、少しずつ高度を上げているのが分かる。
空気も徐々に薄くなっている様だ。

 キンガー村手前の道端で、おじさんがりんごとアンモナイト
を売っていた。
我々はりんごを食べ乍ら、おじさんとアンモナイトの、交渉をして
いたのだが、いつ迄たっても買わない我々に、シビレを切らした
のか、

 「デレーラムロ♪デレーラムロ♪(最高だ!最高だ!)」

と、唄を歌い出した。
歌と言っても、その一言を繰り返しているだけなのだが、
心和ますその唄に敬意を表して、アンモナイトを買う事にした。
りんごを、おまけにつけてくれた。
山本は殆どガスも無く、火付きの悪い100円ライターと
アンモナイトを交換していた。

 便乗商法の旨い奴なのだ。

 その後要塞の様な作りの、ジャルコットの村を過ぎ、
ラニポワには午後早くに着いた。
この先のムクチナートには、宿泊施設が無いので、ここが最終
宿泊地となっている。
トロン峠を越える場合も、ここへ泊らないと、この先が大変の様
である。
我々は一月のこの時期、標高5400mのトロン峠を越えるのは
難しいと思い、ムクチナートを最終目的地としていた。

 宿泊の決まった宿での夕食時、ロキシを飲み乍ら、チキンモモ
(鶏肉の入ったネパールの餃子)を注文した。
同席していた山本氏に、

 「聖地に来て肉を注文するとは、何事か!」

と叱責された。
しかし乍ら、そのモモがなかなか出てこない。
宿のおかみは、頻りに表に出、裏を行ったり来たりしている。

私と山本氏は、

 「まさか今裏で、鳥を殺めているのでは、あるまいか?」
 「それを今まさに茹で、毛を毟っているのではないか?」
 「まだ一時間も、かかるのか?」

等と、妄想していると、そのモモがやっと出て来て一安心をした。
一月近く鶏肉を食べていなかったせいか、そのチキンモモが
とても美味しかった。
一口食べて余程気に入ったのか

 「明日もこれを注文しよう!」

と、山本が言っていた。


聖地の夜_ムクチナート

 翌朝も快晴、我々は朝一で標高3800mにある聖地を訪ねた。
4月から5月は大勢の巡礼者で、賑わうと言うが、今は殆ど人影も
見えず、秘っそりとした参道を、登って行く。

 参道には、経文の書かれた“マニ車”という物が沢山並んでいる。
このマニ車(回すと経文を一度唱えた事になる)を回し乍ら
最初に尋ねたのは、チベット仏教寺院である。
 
 中では参拝に来た信者のオバさん達が、“五体投地”(身体を
地面に投げ出す)のスタイルで、お参りしている。
本尊の観音菩薩の下は、聖水が流れている様で、オバさんの一人が、
菩薩様のスカートの様な垂れ幕を、たくし上げ見せてくれた。
岩肌から流れ落ちる水の周りを、青白い炎が静かに燃えている。
これはここから天然ガスが、湧き出していて、いつも燃えている
そうだ。

 何千年も燃え続けているのだろうか?
 何だかとても神々しく感じられた。

 参拝を済ませ戻って来ると、聖地の中央に、今度はヒンドゥ教
の寺院が現われる。
寺院の回りは水が湧き出し、日本風に言うと、軽井沢等の白糸の滝に
周囲を囲まれた、水の寺院といった感じで、ここも神聖な趣きの
ある場所であった。
中へは信者だけしか入れない為、私はその裏の小道を、ブラブラと
登っていったのだが、上にもう一つ建物があった。

 立ち去ろうとすると、二階の窓から6〜7才の女の子が、
こちらへと手招きしている。
誘われるままに、中に入るとそこがもう一つの寺院、チベット仏教
ニンマ派の寺院だった。

 少女は本堂を開けて、中へ私を案内してくれた。
開祖のパドマサンバヴァ像の回りの壁は全て、極彩色のマンダラが、
描かれている。
私も絵を描く者として、合掌し乍らゆっくりと、マンダラを
見ていると、住職と思われるおばあさんが入って来て、私に合図を
送って来る。
見るとサンバヴァ像の前には、お布施のお金が、沢山置いてある。

 「しまった!」

先程山本氏に、お金を預けた儘なので、今は一文も持ち合わせが
無いのである。
住職と少女に詰め寄られ乍らも、私は合掌している両手を一段と
高く上げ、

 「ソーリー! ソーリー!」

と頭を下げたのだが、あの女の子にいとも簡単に、表へつまみ
出されてしまった。


【 教訓 】

 聖地や寺院を訪れる時は、小銭でもいいから、ポケットに忍ばせて
 行こう!
 これは、大道芸やトイレを借りた場合も、必ず要求されます。


目次に戻る

Top Page






























<EOF>