Top Page

あんなぷるな道中膝栗毛

30. 名物おかみの居るビジャヤ <目次に戻る

 ダムサイドへ移った後、予てよりトレッキングを共にした中野氏を
訪ねた。
我々のホテルから100m程しか離れていなかった。
宿の主人に聞くと、中野氏は一番上に滞在していると言う。
登って行くと、屋上のペントハウス、“特等席”だった。

 「流石常連客!」

 彼はこの眺めの良い部屋で、書き物をしていた。
シナリオライター志望なのだ。
気分が良い所で、長期滞在し乍ら好きな本を書く。
何度もネパールに足を運び見つけた、彼流の楽しみ方なのだ
ろう。

 再会を祝って、アニールモモレストランで祝杯を上げた。
アニールモモを出た後、彼行きつけの「ビジャヤ」と言う
レストランに行った。
と言っても軒先に、テーブルを二つばかり並べただけの店だった。
料理も別段何かあると言う訳でも無く、レストランと言うより、
やはり居酒屋である。

 ここのおかみは、豪傑母ちゃんで、英語等全々分からないのだが、
そんな事はおかまい無し、対照的にホテルマンの御主人は、
いつも隣りで静かに座っている。
ポカラは9時には殆どの店が、閉まってしまうのだが、
ここのおかみさんは、気にせずやってくれるので、我々もこの後、
足繁く通う事になるのである。

 唯日中、通りを歩いている私を見付けると、

 「ジャパンダイ!(日本の兄さん)」

と、回りの人が皆振り向く様な大声で、呼び止められるのには
閉口した。
しかしこんな気さくな“おかみ”なので、皆適当に顔を出し、
そして適当に繁盛しているのである。


目次に戻る

Top Page






























<EOF>