Top Page

あんなぷるな道中膝栗毛

42. あとがき <目次に戻る

 1999年、当時私は絵を描き出してまだ一年、地元の新聞社のホールで、
初めての展覧会を開いて間もない頃だったと思う。
それ迄、オリジナルテントや民俗天幕を作っていた私が、突然絵に
転向してしまったので、案内状を出しても、私と解らない友人が何人
もいるという状態だった。
私自身が不思議なのだから仕方が無い。

 そんな頃、山本氏のネパール行きが決まったのである。

 私は若い頃、山を登り乍ら日本を旅していた時代があり、カメラも
持てない貧乏旅行を続けていた。そんな旅で出会った素晴らしい光景
を絵にした展覧会でもあった。
それを見ていた山本氏が、

 「これからも山を描くのなら、ヒマラヤを一度は見ておいた方がいい。
  旅費は俺が出す。一緒にネパールへ行こう!」

と、誘ってくれたのである。
山本氏が数年間ホテルマンとして、稼いだ大切なお金である。
随分と考えさせられたが、私を応援してくれての事と思い、有難く
厚意を受ける事にした。兎にも角にも彼の厚意でネパール行きは
実現するのである。

 現在(2014年)15年近く過ってしまった事と、私のつたない文章では、
多くの事を伝える事は出来なかったと思いますが、この国のあたたかさは、
美しきヒマラヤの峰々を無くしては、語れない事に思えます。

 経済という視点の前にある、人としての価値観、素朴な豊さ、又優しさ、
 のんびりさ加減等も含めて少しでも感じて貰えたらと思います。


 最後にこの旅を企画してくれた  山本光詩氏
 この文章を掲載してくれた    宮地完行氏

 両氏に 心から御礼申し上げます

         佐々木 修

目次に戻る

Top Page






























<EOF>