Top Page

あんなぷるな道中膝栗毛

夜の寺院_カトマンズ

佐々木修は、2000年 ネパールへ50日間トレッキングとスケッチの旅に出ました。
その時の、いろいろな出来事を面白く紹介します。
(ここに掲載された全ての文章と作品の著作権は佐々木修および関連した会社にあります)

<目次>(長編です、各々の目次項目をクリックして読んでください)
……
作品リストに載せていない絵が挿絵として物語の中に入っています。

1.タイムスリップ(上海空港)
2.やられた!(カトマンドゥ・トリブバン空港)
挿絵:機上にて(ヒマラヤ上空)
3.砕石
4.洗礼 トゥンバにあたる(ポカラ)
5.トレッキング初日
6.家族(キムチェ ゲストハウス)
7.ガンドルンへの道は遠し
8.ヒマラヤのいで湯(ジヌー)
9.年越し(チョムロン)
10.火傷(やけど)の一夜(バンブー)
11.高山病の夜(A.B.C.)
12.美しい少女(チョムロン)
13.山賊に怯える海賊
挿絵:峠の夜(タダパニ)
14.ラリーグラスの道
15.騙された修行僧
挿絵:ヒマラヤの朝(プーンヒル)
16.いで湯の一夜(タトパニ)
17.タトパニの赤い花
……
挿絵:赤い花(タトパニ)
18.カプチェパニの夜は更ける
19.インド風の中登場したシェルパシティマカル
20.ミスターダルバート
挿絵:ダウラギリの見える町(トゥクチェ)
21.先人達の苦労(マルファ)
22.換金屋の娘
23.ミートモモとお布施の無い拝観
挿絵:聖地の夜(ムクチナート)
24.木端微塵のアンモナイト
25.ボミラーズレストラン
26.ペットボトルとグルカ兵
27.消えた荷物(ポカラ)
28.アニールモモレストラン(ダムサイド)
29.我愛しのピースフルホテル
30.名物おかみの居るビジャヤ
31.富士モモレストラン
……写真:(ポカラ)
32.再開
挿絵:キムチェの夜(マチャプチャレ)
33.アルジュンの行方
34.無言の教え(日本山妙法寺)
35.金色のスカーフ
挿絵:夕霧(カトマンドゥ)
36.ダイエットにはトレッキング
37.屋上の風景
38.トンネルハウスの夜は更ける
39.霧と読経
40.時代を旅する
挿絵:カトマンズの朝(タメル)
41.その後のネパール
42.あとがき



<行程>
 関西空港〜上海〜カトマンズ(1・2話)
@カトマンズ〜(バス)〜ポカラ(3話)
Aポカラ(4話)
Bナヤプル。ポカラからナヤプルまでタクシーで移動。
 ナヤプルには入山のチェックポストがありお金を払う。(5話)
 尾根の茶屋のリサさんに会う。
Cキムチエゲストハウス・リサさんとアルジュンとラクシュミとラズ氏に会う(6話)
 ガンドルン・石畳・ラクシュミの学校・ジヌーの温泉(7・8話)
Dチョムロンで年越し・バンブー(9・10話)
EアンナプルナベースキャンプA.B.C.内院・サンクチュアリ・アンナプルナ周辺のトレッキング(11話)
 Dまで戻ってFへ。チョムロン・ゴレパニ(12・13・14・15話)
Fタトパニ・温泉(16・17話)
Gカプチェパニ・トゥクチェ(18・19・20・21話)
Hジョムソム・ボミラーズレストラン(22話)
Iムクチナート(23・24話)
Hジョムソムへ戻る(25・26話)
Hジョムソム〜(飛行機で)〜Aポカラ(27・28・29・30・31話)
Aポカラ〜(バス)〜Bナヤプル(尾根の茶屋のリサさん)〜Cキムチエのラズ氏再訪(32・33話)

ポカラ〜カトマンズへ戻り、帰途につく。


Top Page





























<EOF>