Top Page

あんなぷるな道中膝栗毛

29. 我愛しのピースフルホテル <目次に戻る

 ピースフルホテルで我々は、別々に部屋を取る事にした。
一月以上一緒なので、一人ずつノンビリしようと言う事になった
のである。

 私の部屋は裏通りに面していて、シャワーもトイレも自室に
ついている。
早速シャワーを浴びようと、コックを捻ったのだが、
シャワーの頭の部分が、お湯と一緒に、私の頭に落ちてきた。
宿の主人にこの事を言うと、

 「分かった今直ぐ直す!」

と心良い返事が返って来た。
工事は30分程で終り、

 「もうバッチリだ!」

と、合図を送って来る。
早速部屋に戻り、シャワーの蛇口を捻ると、さっきと同じ事が
起こった。
唯差し込んだだけなのである。
その後トイレの水も流れっ放しになり、結局全て自分で修理
した。

 「ネパールだから仕方が無い!」

結局最終的に、この言葉に行き着くのである。

 現在、私の部屋の窓からは、ホテルの新築工事の様子が見ら
れる。(すぐ前なのだ)
夫婦の左官屋さんの様だが、砂にセメントを混ぜるのだが、
奥さんが小さなスコップで4〜5回混ぜ、水を掛ければ、
アーラ不思議!立派な“モルタル”の完成である。

 「あーあれで良いのだろうか・・・・・・」

日本では考えられない工事風景を、何度も目撃した。
このホテルの屋上の手すりも、モルタルで出来ているのだが、
寄り掛かると柵ごと転落しそうなので、触れる事は一度も無
かった。
それでも気兼が無く、人の良さそうな主人の顔を見ると、

 「これがネパールなんだ!」

と妙に納得してしまうのである。
そしてこのノンビリズムが、心地良くさせてくれているのだと思う。
あの荘厳な山を見ていると、細かい事等あまり、気にならない
のかも知れない。


目次に戻る

Top Page






























<EOF>